閉じる
  1. 自社の真の人材採用費を把握してますか?
  2. 企業向け タイミー運用ガイド
  3. 企業視点から見たタイミー活用方法
  4. 求人動画の重要性①
  5. 御社!育成費は明確ですか?
閉じる
閉じる
  1. 自社の真の人材採用費を把握してますか?
  2. 企業向け タイミー運用ガイド
  3. 企業視点から見たタイミー活用方法
  4. 求人動画の重要性①
  5. 採用担当者の知識能力が会社の未来を変える
  6. タイミーを上手に活用できないワケ
  7. 苦戦必至!?コロナ禍での採用状況
  8. 2021年飲食企業アルバイト採用課題
  9. コロナ渦中で伸びる人材の見分け方
  10. 迫りくる2025年問題
  11. 新規ビジネスにECショップはいかが?
  12. 飲食店ドットコム 原稿制作の方法Vol.1「店舗登録編」
  13. 効果急上昇中!求人ボックスの利用方法
閉じる

人材採用育成LAB 求人/採用/育成/定着の教科書

キャンペーンを有効活用し、バイトルを安く出す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バイトルをお得に出す方法

バイトルのキャンペーンをうまく利用すれば、「安くなる×掲載期間の延長」が可能になります。

今回、ご紹介するキャンペーンは終了未定のキャンペーンですので、当面活用が可能です。(2020年5月時点)

出典;ディップ株式会社

リピートプラスライト」というキャンペーンを活用します。
コチラのキャンペーンの特徴は、「前プランに関係なく、掲載終了から1か月以内の利用でDプラン3週間が56,000円になります。

「Dプラン4週間を103,000円で掲載した場合」と「Dプラン2週間を56,000円で掲載し、継続でリピートプラスCPでDプランを再度掲載した場合」で比べると、

キャンペーンを活用した方が、1000円安くなり且つ1週間掲載が長くなります。
この様に、キャンペーンを活用する事で得する事が多いのです。

こんな見積りにはご注意を

キャンペーンを告知せずに、特別に1週間延長を無料で付けます!などの営業トークは、おそらくこのキャンペーンを利用している場合があります。
営業からの視点で見ると、1000円利ザヤが増え、契約率があがり、特別感を持たせることができるメリットがあります。

他には、大幅な値引き額を見積りに記載しているが、公式キャンペーンだったなんて事も多いのも事実です。

キャンペーン情報を常に把握する事は、とても大切です。

正しい情報を持って、コストダウンを

人材採用に掛かる費用は、「投資」です。
そして、投資は出来るだけ小さな投資で大きなリターンを望むものです。
つまり、人材採用に掛かるお金は出来るだけ抑える事が大切なのです。

正しい情報を持てば、コストダウンできます。
そこに、戦略が加われば更なるコストダウンが可能です。

事実、弊社のクライアント様(飲食業)では、年間アルバイト採用費が50%ダウンしている事も多数事例として実績が出ております。

感染症の影響で、当面コストへの意識も高まる事でしょう。
店舗運営をする上で、それでも必要不可欠なアルバイトの採用において、大幅にコストダウンをしてみませんか?

当サイト運営のConnect Innovation株式会社に一度、ご相談頂ければほぼ確実に「年間アルバイト採用費」を下げるノウハウを安価にご提供致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アルバイト戦力化単価とは?

  2. 【マッハボーナスが特徴的】マッハバイトを詳しく知ろう

  3. 採用指標の正しい考え方

  4. タイミー運用で生じる疑問にお答えします

  5. バイトルドットコムを考察

  6. 応募単価を構成する7つの要素

おすすめ記事

  1. 自社の真の人材採用費を把握してますか?
  2. 企業向け タイミー運用ガイド
  3. 企業視点から見たタイミー活用方法
  4. 求人動画の重要性①
  5. 御社!育成費は明確ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 採用担当者次第で、業績を大きく左右する採用業務力は、2つの業績指針を変化させます。1,現在…
  2. 本部と店長の認識のズレタイミーは、実際にワーカーさんに働いて頂くまで、一切の費用が発生しませ…
  3. 有効求人倍率が低いのに採用に苦戦しているサービス業弊社クライアント様において、飲食業を始めと…
ビッグローブ光
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
ページ上部へ戻る