閉じる
  1. 企業向け タイミー運用ガイド
  2. 企業視点から見たタイミー活用方法
  3. 求人動画の重要性①
  4. 御社!育成費は明確ですか?
閉じる
閉じる
  1. 企業向け タイミー運用ガイド
  2. 企業視点から見たタイミー活用方法
  3. 求人動画の重要性①
  4. コロナ渦中で伸びる人材の見分け方
  5. 迫りくる2025年問題
  6. 新規ビジネスにECショップはいかが?
  7. 飲食店ドットコム 原稿制作の方法Vol.1「店舗登録編」
  8. 効果急上昇中!求人ボックスの利用方法
  9. 取組み易い お薦めの助成金4選
  10. 利用推奨 ハローワーク求人ネットサービス
  11. キャンペーンを有効活用し、バイトルを安く出す方法
  12. 日払い/週払いは採用に有効か?
  13. 応募課金 マイナビバイトエントリープランは利用すべき?
閉じる

人材採用育成LAB 求人/採用/育成/定着の教科書

コロナ苦難での求人業界のいま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【コロナの影響で求人倍率急降下】

厚生労働省が32020年3月31日発表した2月の有効求人倍率は1.45倍(季節調整値)で前月から0.04ポイント下がりました。
2年11カ月ぶりの低い水準。解雇や一時休業が出ている状況で、更なる下落がほぼ確定的な状態です。

アベノミクスを支えていた最たる指標の一つが、有効求人倍率の上昇でした。コロナ不況に陥った現在、驚くほど求人倍率が低下するのが必然的とも言える。

【アメリカは失業保険申請が爆増中】

アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの地域で飲食店や娯楽施設が休業に追い込まれています。
先月15日以降の3週間で失業者の申請件数は合わせて1600万件を超え、大きな社会問題となっています。
アメリカでは先週の失業保険の申請数が約660万件となりました。2週続けて600万件を超え、過去最悪の水準が続いています。

【求人業界のダメージは甚大】

アベノミクス以降の有効求人倍率の急上昇を受け、バブル期にあった求人業界。
その足元が揺らいでいます。
リーマンショックで甚大なダメージを負った求人業界ですが、コロナ不況はその20倍~30倍のダメージが推察されている(アメリカの失業保険申請は、リーマンショック時を遥かに凌ぐ凄まじい数値となっている)。

この事を鑑みると、求人業界は非常に苦戦すると考えるのが自然です。

【求人業界のダメージ予想】

当サイトを運営管理している、Connect Innovation株式会社は求人広告代理店でもあり、当事者です。
そんな弊社の求人業界のダメージに関しての見立てをご紹介します。
あくまで、弊社の見立てですので、異なる意見がある事もご理解の上、お読みください。

求人業界でも最もダメージを被るのが、「新卒採用特化の企業」
そもそも、新卒採用は来年度以降の事業拡大への投資である側面が強い。
そして、莫大なコストと人件費が必要。
これらを踏まえると、最も削減しやすいコストだと思われます。
また、3月解禁の新卒合同企業説明会が軒並み中止となり、莫大な損失が既に出ている求人関連企業様も多いはずです。
新卒合説は、数十万円~数百万円が1日当たりかかる商材であり、これらを多く契約を取っていた求人関連企業の売上損失は想像するまでもないです。

次に、サービス業を中心とした「中途採用特化の企業」
コロナ問題での収益悪化により、閉店や倒産が増える可能性が極めて高く、採用より解雇への思考性が各社高まっている現状。
求人マーケットには、多くの転職希望者が溢れるも、採用にネガティブになる企業が増大すると推察。
結果として、求職者の年収は叩かれ、更なる年収低下に結びつくと思われます。
※薬局やスーパーなどの小売り企業、IT関連を主体としたお客様が多い求人関連企業様はダメージを相当軽減できると思われます。

そして、「アルバイト領域を多く扱う企業」となります。
コロナ問題で休業中のお店が多く、多くのアルバイトさんがシフトに入れない問題を抱えており、5月の収入はほぼ無い様な若者が続発すると思われます。
現在(4月中盤)のフェーズでは、全く働けないアルバイトさんは、小売りなどのダブルワークを懸命に探す事でしょう。(現に、アルバイト募集は増えています)
コロナが落ち着いた後、営業を再開したお店は、瞬く間にアルバイト不足が巻き起こる事は必然。
ゆえに、最も最初に求人活動が再開するのが、アルバイト領域と見ています。
ただ、マーケットに人が溢れている状態ですので、安価で採用できる状況が来ると見ています。

また、社員募集と異なり、店舗経営においてアルバイトは必要不可欠であり、若者の人口減少は加速している為、最もスピーディーに一定水準まで需要が回復すると見ています。

【コロナ後のアルバイト採用のお薦め】

私が経営者なら、このような戦略を取ります。
①初期費用の掛からないタイミーを利用し、マイナスシフトを埋めながら、長期バイトに引き抜く活動をする

②中間プランの比較的安価な媒体を掲載する

いきなり、新人だらけの店舗運営は厳しいため、ある程度経験のある人材をタイミーで獲得しながら、新人受け入れを平行して行う。
お店のオペレーションを安定させやすい事と、費用が安価で済む為、上記の手法を取ると思います。

【タイミーは正規代理店にお任せを】

当サイトを運営管理をしている、Connect Innovation株式会社はタイミー正規代理店です。
タイミーのご相談は、下記のフォームよりご連絡くださいませ。

タイミー媒体資料はこちらから↓↓
タイミー概要資料2020 (37 ダウンロード)

アカウント発行、原稿制作全て無料です。
実稼働まで一切費用は掛かりませんので、まずはアカウント発行をおススメします。
※需要拡大時は、アカウント発行依頼が増大すると思われます。発行までかなりのタイムラグが生じる可能性がある為、早めのご準備を

 

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 求人広告販売というお仕事へのここだけの話

おすすめ記事

  1. 企業向け タイミー運用ガイド
  2. 企業視点から見たタイミー活用方法
  3. 求人動画の重要性①
  4. 御社!育成費は明確ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 難局で伸びる人材の特徴を考えよう!コロナ感染症により、劇的な変化と売上不振に多くの会社が見舞…
  2. 2025年問題とは?皆さんは、2025年問題をご存じでしょうか?2025年には、国民の4人に…
  3. コロナ自粛中にYahoo出店!2020年3月下旬から日に日に状況が悪化する業績。弊社も最初は…
ビッグローブ光
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
ページ上部へ戻る