閉じる
  1. 企業向け タイミー運用ガイド
  2. 企業視点から見たタイミー活用方法
  3. 求人動画の重要性①
  4. 御社!育成費は明確ですか?
閉じる
閉じる
  1. 企業向け タイミー運用ガイド
  2. 企業視点から見たタイミー活用方法
  3. 求人動画の重要性①
  4. 迫りくる2025年問題
  5. 新規ビジネスにECショップはいかが?
  6. 飲食店ドットコム 原稿制作の方法Vol.1「店舗登録編」
  7. 効果急上昇中!求人ボックスの利用方法
  8. 取組み易い お薦めの助成金4選
  9. 利用推奨 ハローワーク求人ネットサービス
  10. キャンペーンを有効活用し、バイトルを安く出す方法
  11. 日払い/週払いは採用に有効か?
  12. 応募課金 マイナビバイトエントリープランは利用すべき?
  13. タイミー運用で生じる疑問にお答えします
閉じる

人材採用育成LAB 求人/採用/育成/定着の教科書

応募課金 マイナビバイトエントリープランは利用すべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マイナビエントリープランとは?

マイナビエントリープランは、応募課金型のプランです。
初期費用や掲載料・管理費は一切かかりません。
「広告費を支払ったのに応募がなかった」というリスクを負うことなく、
採用活動を行うことができるのが特徴です。

「応募課金」については、応募課金媒体のメリット・デメリットの記事を参照してください。

有名媒体であるマイナビバイトに、リスクなく掲載できる点は非常に魅力的ですね。

料金体系は?

応募に対して料金が発生する応募課金制!応募がなければ料金はかかりません。

掲載期間:4週間
(価格)1応募8000円
※医療・介護・保育は1応募15,000円になります。

掲載時の特徴

◆1勤務地1職種1原稿
情報が混在せず、分かりやすい情報を提供することでミスマッチを軽減!
また原稿を分けることで、1拠点あたりの原稿数が増える為、露出が高まりユーザーの目に触れる機会をアップさせることができます。

◆ランダム表示
求人情報は1時間毎にシャッフルして、表示されます。
長期掲載した場合でも、上位表示される可能性があります。

応募方法

3つのパターンから選択可能です。多くの方が、1のWEB+TELを利用されます。

1 WEB+TEL
2 WEBのみ
3 TELのみ

費用発生のタイミング

費用発生のタイミングは、WEB応募時とTEL応募時で異なります。

WEB応募時
マイナビバイトは、応募があった時点で料金が発生します。

TEL応募時
応募専用ダイヤルを通じて連絡があり(マイナビバイトからのご応募とアナウンスが流れます)、通話時間が60秒以上になった時点で課金となります。

マイナビエントリープランは利用すべきか?

応募課金媒体のメリット・デメリット」の記事で解説しましたが、応募課金タイプの求人出稿は、「連絡不能時」「不採用時」などが発生すると、心的ストレスがたまりやすい傾向にあります。

また、よくある事例としては「面接時に迷子になり、募集原稿からTELをしてきた」この電話で1応募カウントとなった。。なんて事も実際に起きます。
マイナビは、まず相談しても課金対象外の処置はして頂けないので、料金を支払わざる負えない点もデメリットです。

この様に、幾つものデメリットを踏まえたうえでも「マイナビエントリープラン」は利用すべきだと考えています。

マイナビエントリープランを利用すべき理由

マイナビエントリープランを利用すべき理由として
①応募単価が8,000円で固定される
②応募が来ない限り無料である
③電話対応時は、60秒以内に切電し折り返すことで、無料で応募が獲得できる
④応募単価が8,000円を平均で超えているなら、応募が来るたびに総応募単価を引き下げる効果がある
⑤マイナビは、真面目な方が利用している傾向にある為、採用に繋がりやすい
⑥掲載のアップ・ダウンが直ぐに行え、機動性が豊か


などが、挙げられます。

採用にまつわる「応募単価」「連絡不能」「面接ブッチ」「不採用」などの指標が終結した指標が「採用単価」ですので、重要視する点は「採用単価」となります(最重要指標は、戦力化単価)。

つまりは、ピンポイントの「連絡不能」や「不採用」で一喜一憂するのではなく、トータル的な「応募単価」「採用単価」の押し下げに効果が見込めるなら利用すべきと考える訳です。

陥りがちな心理が効率の邪魔をする

連絡が付かなかったのに、8,000円の費用を払いたくない!
不採用者だったのに、8,000円の費用を払いたくない!
気持ちは分かります。
でも、10万円かけた掲載型での出稿で、5名しか応募が来なかった(応募単価20,000円)の時は、時給の問題?時期の問題?原稿の問題?と次回の改善に向けて考える訳です。

俯瞰してみると、考え方の軸がブレていますよね。
これが、陥りがちな採用時の心理構造です。

この心理に陥る最大の原因は、自社の採用指標の数値が不明確だからに他なりません。

応募課金型の媒体を活用し、採用費用の圧縮を実現する為には、自社の採用指標を明確化すべきなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。応募課金型のマイナビエントリープランは、トータル的に考えると非常に有効な採用手段の一つです。
しかしながら、採用指標を明確にし取り組まなければ、心理的ストレスと向き合う羽目になり得ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【マッハボーナスが特徴的】マッハバイトを詳しく知ろう

  2. タイミー運用で生じる疑問にお答えします

  3. キャンペーンを有効活用し、バイトルを安く出す方法

  4. 【社員もアルバイトも成果報酬型】マイベストジョブを考察

  5. 企業向け タイミー運用ガイド

  6. バイトルドットコムを考察

おすすめ記事

  1. 企業向け タイミー運用ガイド
  2. 企業視点から見たタイミー活用方法
  3. 求人動画の重要性①
  4. 御社!育成費は明確ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2025年問題とは?皆さんは、2025年問題をご存じでしょうか?2025年には、国民の4人に…
  2. コロナ自粛中にYahoo出店!2020年3月下旬から日に日に状況が悪化する業績。弊社も最初は…
  3. 飲食店ドットコムとは飲食店ドットコムは、株式会社シンクロ・フードが運営する飲食特化型の求人媒…
ビッグローブ光
ページ上部へ戻る